青汁の安全性についての話

 

青汁を選ぶ時は情報をしっかり集めて

 

青汁は健康のことを意識し、毎日飲む健康食品ですから、安全性に関しては特に考えたいところです。

 

現在多くの種類の青汁があるなか、全ての青汁が安全であるかというと違うようです。

 

青汁の安全性をチェックするための3つのポイント
  1. 原材料の産地
  2. 無農薬
  3. 食品添加物の有無

 

健康のためにとお金を払って青汁を飲むのですから、青汁を飲んで健康を害するようでは意味がありません。

 

各商品の公式ホームページやお問い合わせ、口コミなどで情報を収集し安心して飲める青汁を選んでください。

 

青汁の安全性をチェックするための3つのポイント

 

1.原材料の産地

 

安全性を考えれば、やはり国内で国産の原材料を使用して生産された青汁が安心できます。

 

海外産の原材料がすべて危険というわけではありませんが、日本の農薬基準に比べ緩い国から輸入されている可能性があるからです。

 

 

2.無農薬

 

農薬散布

無農薬で栽培された原材料が使用されているかをチェックしてください。

微量でも青汁は毎日飲むものですから、体に蓄積されてしまいます。

 

農薬が使用されているか、よく調べて青汁を選んでください。

 

 

3.食品添加物の有無

 

全ての青汁が天然素材100%で製造されてるとは限りません!

 

食品添加物は、発ガン性がある場合があるため、含まれない青汁を選んでください。

 

原材料名のところに、野菜以外の見慣れない材料がある場合は、食品添加物が入っていると思ってよいでしょう。

 

 

 

中年男性は有害物質が体に蓄積されている?

 

中年男性は40年以上ものあいだ環境汚染によるダイオキシンや、発ガン性の可能性のある食品添加物を知らない間に体に取り込んでいる可能性があり、微量でも蓄積されるとガンなどの大きな病気を発症する恐れがあります。

 

青汁に含まれる葉緑素や食物繊維には、これらの有害物質を体内から排出する効果がありますが、わかっていて有害物質を体に取り込む必要はありませんので、毎日飲む青汁の安全性には注意をはらいましょう。