青汁に含まれるビタミンとは

 

青汁には多くのビタミンが含まれている

 

青汁には多くのビタミンが含まれています。

 

ビタミンとは、人が生きていくうえで必要な代謝を助け、健康を維持する大切な働きをもった栄養素です。

 

ミネラル同様1日に必要な摂取量は少なくてよいため、微量栄養素と呼ばれています。

 

ビタミンは体の中でほとんど作ることができません。

 

そして、不足するとさまざまな欠乏症をおこす可能性があるため、毎日食品から摂取する必要があります。

 

水に溶ける水溶性ビタミンは尿などから体外に排泄されやすく、油脂に溶ける脂溶性ビタミンは体内に蓄積されやすいという特徴があります。

 

そのため、水溶性ビタミンは少量を数多く摂るとよいですし、脂溶性ビタミンは油と一緒に摂ると吸収率があがります。

 

過剰摂取による弊害が出る可能性があるため、サプリメントで摂取する場合は摂取量に注意してください。

 

ビタミンは全部で13種類あり、体内での働きは種類によって違います。

 

青汁はどの原料でも多くのビタミンが含まれていますが、特に大麦若葉は12種類のビタミンをカバーしています。

 

ビタミン13種類

 

水溶性ビタミン

ビタミンC

 

コラーゲンの合成を促進して、血管や筋肉、皮膚、骨などを丈夫にしてくれます。

 

免疫力をアップする効果や抗ストレス効果があります。

 

ビタミンB1

 

糖質をエネルギーに変えるときに不可欠な栄養素です。

 

疲労回復、神経機能を正常に保つ効果があります。

 

ビタミンB2

 

三大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)からエネルギーをつくるときに、必要な栄養素です。

 

皮膚、毛髪や爪をつくりだして成長を促進する効果や、生活習慣病予防、ダイエット効果があります。

 

βカロテン(ビタミンB6)

 

タンパク質からエネルギーをつくる時に必要な栄養素で、皮膚や粘膜の健康維持に働きます。

 

神経機能を正常に保つ効果もあります。

 

体内で必要な分だけビタミンAに変わります。

 

ビタミンB12

 

貧血を予防し、快適な睡眠を促し、神経機能を正常に保つ効果があります。

 

ナイアシン

 

肩こりに悩む中年男性

三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)からエネルギーをつくるときに、必要な栄養素です。

 

粘膜や皮膚を健康に維持する効果や二日酔いを防ぐ効果があります。

 

また、血行をよくする効果があるため冷え症や肩こりを改善してくれます。

 

パントテン酸

 

三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)の代謝に必要な栄養素です。

 

ストレスをやわらげ動脈硬化を予防し、免疫力のアップ、肌や髪の健康を保ちます。

 

葉酸

 

細胞の再生を助け、ビタミンB12と協力し貧血を予防し、ビタミンB6とビタミンB12と協力して動脈効果を予防する効果があります。

 

ビオチン

 

糖の代謝を助け、皮膚や髪の毛を健康に保ちます。

 

 

脂溶性ビタミン

ビタミンA

 

眼や皮膚の健康を保つ働きがあり、動脈硬化を予防する効果があります。

 

また、強い抗酸化作用があるためガンを予防してくれます。

 

ビタミンE

 

抗酸化作用があり、血液をサラサラにして動脈硬化を防ぎます。

 

強力な抗酸化作用はガン、心筋梗塞、脳卒中を予防してくれます。

 

ビタミンCと一緒に摂ることでさらに強力な抗酸化作用が見込めます。

 

ビタミンD

 

腎臓や小腸でカルシウムとリンの吸収を促進し、カルシウム濃度を一定に維持する働きがあります。

 

ビタミンK

 

血液の凝固作用と、骨にカルシウムを沈着させる作用があります。

 

骨粗鬆症の治療にも使われるビタミンです。

 

五大ビタミン欠乏症

 

ビタミン不足による病気はさまざまありますが、代表的な病気を「五大ビタミン欠乏症」と呼びます。

 

脚気(かっけ)

 

ビタミンB1が不足することによって起こります。

 

手足のむくみやしびれ、重症になると心不全や末梢神経障害を引き起こす病気です。

 

 

ペラグラ

 

ナイアシンが不足することによって起こります。

 

皮膚炎や下痢、神経障害、認知症を引き起こす病気です。

 

 

壊血病(かいけつびょう)

 

ビタミンCが不足することによって起こります。

 

皮膚や歯茎などからの出血、貧血などをひき起こす病気です。

 

 

悪性貧血

 

ビタミンB12が不足することによって起こります。

 

舌炎などの舌の痛み、萎縮性の胃炎や知覚障害などを引き起こす病気です。

 

 

くる病

 

ビタミンDが不足することによって起こります。

 

脊椎や四肢が曲がってきたり、低身長などを引き起こす病気です。

 

 

ビタミン過剰症

 

水溶性ビタミンは、過剰摂取したとしても、尿として体外に排出されるため、過剰摂取による副作用はほとんどありません。

 

ですが、サプリメントなどでビタミンCを過剰摂取した場合は副作用があります。

 

脂溶性ビタミンは摂り過ぎると、体内に蓄積され、副作用が出てしまいます。

 

ビタミンC過剰症

 

一過性の下痢などになることがあります。

 

 

ビタミンA過剰症

 

頭痛、吐き気、肌荒れ、脱毛などを引き起こします。

 

 

ビタミンD過剰症

 

食欲不振、吐き気、高血圧症、腎不全などをひき起こします。

 

 

ビタミンE過剰症

 

筋力低下、吐き気、下痢などをひき起こします。

 

近年、ビタミンEの摂り過ぎにより骨粗しょう症のリスクが高まることが報告されています。

 

 

ビタミンK過剰症

 

溶血性貧血などをひき起こします。