中年にオススメする青汁の美容成分

 

青汁で多くの美容成分を手軽に摂取

 

最近では、美容に感心をもつ40代・50代の中年男性が、増えているそうです。

 

とくに、体臭や口臭、肌質などが気になっているようです。

 

青汁にはビタミンC、ビタミンE、カロテン(ビタミンA)、ビタミンB群、食物繊維などといった美容成分が含まれるため体臭や口臭、肌トラブル(吹き出物)、老化(シミ・シワ)を改善します。

 

口臭を気にする中年男性

他の食品ではこれほどまとまった栄養素を摂るのは難しく、ビタミンCのように熱に弱い成分もあり、毎日摂取するのは大変面倒です。

 

青汁なら手間をかけずに用意ができ、毎日1杯飲むだけで非常に多くの美容成分をまとめて摂ることができます。

 

気になる悩みに効く成分の効果・効能

 

体臭・口臭

 

クロロフィル(葉緑素)

 

植物や藻類に含まれる緑色の色素クロロフィル(葉緑素)は、抗菌・消臭作用で口臭・体臭を抑えるとともに、消炎作用で中年男性に多い歯周病や胃炎をいやし、においのもとを絶つ効果があります。

 

口臭、体臭をなくす薬の多くがクロロフィル(葉緑素)を材料としています。

 

青汁は、このクロロフィル(葉緑素)を最も効率よく大量にとれます。

 

中年の加齢臭・口臭に青汁は効果があるか?

 

 

白髪・薄毛

 

ビオチン

 

水溶性ビタミンの一種ビオチン(ビタミンH)は炭水化物、たんぱく質、脂質の代謝をよくし髪の毛をすこやかに保ちます。

 

 

美肌・アンチエイジング

 

ビタミンC

 

ビタミンの代表格であるビタミンCが、コラーゲンの生成を促し、みずみずしくハリのある肌を取り戻してくれます。

 

 

ビタミンE

 

ビタミンEには抗酸化作用があり、活性酸素による肌の老化を防ぎ、血行促進を促すことで血色の良い若々しいハリツヤ肌にしてくれます。

 

 

カロテン(ビタミンA)

 

カロテン(ビタミンA)は肌の免疫力・抵抗力を高め、肌を健康な状態に保ちます。

 

 

ビタミンB群

 

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パンテトン酸、葉酸、ビオチンをまとめてビタミンB群と呼びます。

 

このビタミンB群は体内の代謝をよくする効果があるので、大人ニキビや肌荒れを防ぎます。

 

 

食物繊維

 

便秘を解消し、腸内環境を改善してくれます。

 

便秘を改善することの副産物的効果で大人ニキビ等ができにくなり、肌のトラブルが起きにくくなります。

 

活性酸素と抗酸化酵素の話

 

活性酸素(フリーラジカル)は、細胞を酸化して破壊し、老化を促進させシミやソバカスをつくったり、ガンや生活習慣病を引き起こす原因をつくるといわれています。

 

私たちの体には、この活性酸素を抑制してくれる抗酸化酵素SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)が備わっています。

 

ところが、この大事な抗酸化酵素は年齢とともに減っていくため、日頃の食事で摂取しなければいけません。

 

青汁は手軽に抗酸化酵素を補ってくれる健康食品です。

 

青汁は身体の内側から綺麗にしてくれる

 

青汁は身体の内側から綺麗にしてくれる

野菜不足の偏った食生活で必要な栄養が足りていないと、年齢を重ねるごとにどんどん肌の老化(シワ・シミ)が進んでいきます。

 

とくに男性は、偏った食生活意外にもスキンケアをする人が少ないので女性よりもシミが多いそうです。

 

中年男性の美容への感心は年々増加傾向にあります。

 

たくさんの美容成分は他の食材でも摂ることは可能です。

 

ですが、食材ごとに豊富な成分も違いますし、

 

各食材の成分表を調べてスーパーに買い出しに。

 

なんて面倒なこと続けるのは大変です。

 

青汁は高い美容成分をまとめて摂取出来るので、そんな面倒なことはできないといった中年男性の方におすすめです。

 

青汁の多くの栄養素は身体の内側から綺麗にしてくれます。