【青汁の原料】長命草(ちょうめいそう)の効果は?成分とその効能は?

長命草(ちょうめいそう)の効果・効能

 

最近、青汁の原料として注目を集めている長命草には、40代・50代の中年に嬉しい様々な健康効果のある成分が含まれています。

 

病気が心配になってきたり、オシッコのきれが悪くなったりと感じはじめていませんか?

 

長命草は、そんな中年男性の方にオススメです。

 

 

それでは長命草にはどのような効果があるのか具体的に紹介します。

 

中年に嬉しい長命草の4つの効果

 

1.活性酸素を除去

多くの病気や加齢臭、老化の原因となる活性酸素を除去したい方

長命草には、活性酸素を除去する働きのあるルチンやクロロゲン酸といったポリフェノールが豊富に含まれます。

 

2.排尿障害の改善

夜中にトイレで何度も目が覚めて睡眠不足の方

長命草特有の成分イソサミジンは、膀胱や前立腺の筋肉を緩め、1回の排尿量を増やすため中年男性の悩み残尿感や頻尿の症状を和らげます。

 

3.血流の改善

肉中心の高カロリー食が多く、動脈硬化が心配される方

長命草特有の成分イソサミジンには高い血管拡張作用があります。血液をサラサラにするルチンも含まれ脳梗塞や心筋梗塞などの心・血管病の予防・改善に効果的とされます。

 

4.骨粗しょう症予防

骨の健康を保ち骨折しにくい身体をつくりたい方

青汁にはカルシウムをはじめとするミネラルが豊富に含まれ、骨や歯を丈夫にします。

 

長命草の効能は中年男性のこんな病気や症状、予防などにも効果があります

動脈硬化、高血圧、疲労回復、肥満、整腸作用、抜け毛、薄毛、口臭、加齢臭、コレステロール値の抑制、抗がん作用、冷え性、むくみ、便秘、リュウマチ、喘息、風邪、更年期障害

 

 

 

長命草(ちょうめいそう)に含まれる成分と効能

 

ポリフェノール

 

植物の苦味や色素の成分で、ほとんどの植物に含まれます。

 

長命草にはイソサミジン、ルチン、クロロゲン酸、ビスナジンといったポリフェノールが含まれます。

 

ルチンは蕎麦にクロロゲン酸はコーヒーに含まれますが、長命草にはどちらも2倍以上含まれているため強力な抗酸化作用があり、生活習慣病など様々な疾患への効果が期待されます。

 

イソサミジン

長命草特有の成分です。

 

高い血管拡張作用があり血流が改善され、冷え性やむくみの改善、脳梗塞や心筋梗塞、心・血管病の予防・改善が期待されます。

 

膀胱(ぼうこう)や前立腺の筋肉を緩める働きもあるので、残尿感や頻尿の症状をやわらげる効果があります。

 

ルチン

強力な抗酸化作用をもち、身近な食品では蕎麦に多く含まれています。

 

ビタミンCと一緒に摂取することで毛細血管を強化するため、脳卒中などの出血性の疾患の予防に効果があります。

 

また、動脈硬化や高血圧など生活習慣病の予防にも役立ちます。

 

クロロゲン酸

強力な抗酸化作用をもち、コーヒーなどに含まれます。

 

メタボリックシンドロームにつながるとも言われる脂肪肝を予防します。

 

脂肪の蓄積を抑えるため、ダイエット効果も期待できます。

 

糖の生成を抑えてくれる働きがあるため糖尿病の予防にも効果があります。

 

 

その他

ミネラル類(ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛)、ビタミン類(カロテン(ビタミンA)、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビタミンC)、食物繊維などが含まれます。

 

長命草(ちょうめいそう)の特徴

 

長命草(ボタンボウフウ)

長命草(ちょうめいそう)は、沖縄県の与那国島など温暖な地域の海岸沿いに自生するセリ科の植物で、和名を牡丹防風(ぼたんぼうふう)と言います。

 

ビタミンやミネラルを豊富に含み、沖縄では民間薬として昔から親しまれてきました。

 

ポリフェノールが豊富に含まれ、脳梗塞や心筋梗塞などの心・血管病の予防・改善への効果が期待されます。

 

近年では長命草特有の成分イソサミジンの排尿を促す効果、クロロゲン酸のダイエット効果に注目が集まっています。


長命草(ちょうめいそう)の副作用

 

長命草は、多くの健康効果が期待できます。

 

そのため、副作用も心配になりますが健康な人が飲むぶんには、これといった報告例がないようです。

 

ただし、体質によってはアレルギー反応が出る可能性がゼロではありませんので、少しでも異変を感じたら飲むのをやめて医師に相談しましょう。

 

カリウムが豊富に含まれるため、腎臓障害がある人は高カリウム血症になる可能性があるため摂取しないほうがよいでしょう。