青汁は不眠症に効果的?

 

ケールを原料とした青汁は不眠症を予防・改善する

 

青汁の効果・効能には不眠症の予防・改善が期待されます。

 

ケールを原料とした青汁には、睡眠ホルモン「メラトニン」が豊富に含まれるだけでなく、ストレスを軽減するビタミンCやカルシウムが含まれます。

 

現在、日本人の約5人に1人が不眠症に悩まされていると言われ、原因にはストレスやスマホ・パソコンなどの光刺激があげられます。

 

それに加え中年世代以降の方は、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌量が低下し、不眠症のリスクが高まります。

 

青汁だけに頼るのではなく、寝る前のスマホ使用を控えたり、夕食後のカフェインの摂取を控えるなど、その他の不眠症対策と一緒に行えば、なお効果的です。

 

 

 

青汁に含まれる不眠症を予防・改善する成分

 

メラトニン

体内時計に働きかけ、自然な眠りを誘う作用があります。

 

青汁の代表的な原料ケールには、メラトニンを多く含むとうもろこしと比べて、約30倍も含まれています。

 

ビタミンC・カルシウム

ビタミンCやカルシウムには、ストレスを軽減する働きがあり、不眠症を予防・改善します。

 

メラトニンについて

 

メラトニンは脳内から分泌される物質で、副交感神経を優位にして眠りを誘うため、睡眠ホルモンとも呼ばれています。

 

目が覚めてから14〜16時間で再び分泌され、眠気を感じるようになります。

 

不眠症の中年

メラトニンの分泌量は小学校の高学年をピークに加齢に伴い下降線をたどります。

 

子供の頃は夜になると眠くなりぐっすり眠れていたのが、中年世代以降の方はなかなか寝付けず、すぐに目が覚めてしまうことが多くなることで実感するのではないでしょうか。

 

夜中に強い照明を浴びると昼と勘違いし分泌が抑えられ、睡眠の正常なサイクルが狂いやすくなります。

 

不眠症の原因

 

脳の自律神経は、起きている時は交感神経が優位で、眠っている時は副交感神経が優位な状態ですが、交感神経が優位な状態が続くとなかなか眠りにつけないため、不眠症になります。

 

人によって原因はさまざまですが、代表的なものを紹介します。

 

心理的な原因
  • ストレス
  • 緊張
  • 興奮
  • 不安

 

身体的な原因
  • 痛み
  • かゆみ
  • 頻尿

 

環境的な原因
  • 時差ボケ
  • 枕が変わる
  • 不規則な生活

 

薬理学的な原因
  • 薬の副作用
  • アルコール
  • カフェイン
  • ニコチン