青汁の原料は何でしょうか?

 

青汁の原料は生の緑葉野菜

 

青汁とは、生の緑葉野菜のしぼり汁のことを言います。

 

スーパーや八百屋で緑葉野菜を買ってきてジューサーやミキサーでジュースにすればよいのですが、毎日のことですから結構大変ですし、原料によっては尿路結石の原因になるようなものもあります。

 

市販の青汁はスーパーなどでは手に入りにくく、食べるには少しクセがあるがとても栄養価の高い緑葉野菜をメインに作られています。

 

代表的な原料にケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉があり、とても多くの栄養素がバランスよく豊富に含まれています。

 

青汁の普及が始まった頃に使用されていた原料はケールですが、独特の青臭さと苦味があり、健康には良いが「まずい」「飲みにくい」というものでした。

 

現在では「美味しく」「飲みやすい」青汁にするため、クセの少ない大麦若葉などを使用したり、原料をブレンドして飲みやすくしています。

 

青汁の代表的な4つの原料

 

独特の香りと苦味はあるが栄養価の高いケール

 

青汁の代表的な原料ケール

はじめて青汁の原料となった野菜で、キャベツの原種だと言われ一年中栽培が可能です。

 

含んでいる栄養素がどれも非常に高いことから、緑黄色野菜の王様とも呼ばれています。

 

栄養価における長所がある反面、独特の香りと強い苦味があります。

 

効果・効能

免疫力アップ/目の健康を守る/ストレス鎮静化/快適な睡眠を促す/皮膚や粘膜を丈夫にする/アンチエイジング/美肌/骨や歯を丈夫にする/生活習慣病予防/便秘解消

 

ケールの青汁の効果・効能と含まれる成分とその働き

 

 

飲みやすさなら大麦若葉

 

青汁の代表的な原料大麦若葉

名前の通り大麦が実をつける前の、20〜30センチほどに生長した葉の部分のことを言います。

 

青臭みが少なく味にクセもないため青汁の原材料として人気があります。

 

大麦若葉は食物繊維と、活性酸素を分解してくれる効果が期待されるSOD酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)を多く含み非常に強力な抗酸化作用があります。

 

効果・効能

生活習慣病予防/細胞の健康維持/抗菌、消臭/骨や歯を丈夫にする/貧血予防/肝機能改善/新陳代謝向上/免疫力アップ/疲労回復/ストレス鎮静化/便秘解消

 

大麦若葉の青汁の中年男性への効果

 

 

ガン抑制に期待するなら明日葉

 

青汁の代表的な原料明日葉

「今日葉を摘んでも明日には葉を出す」と言われ、その生命力の高さから明日葉と名前がつけられました。

 

ケールや大麦若葉などと比べても見劣らない栄養価があるため、青汁の原料としてよく利用されています。

 

茎を切ると出る黄色い汁に含まれているカルコンと、セリ科の代表的な成分クマリンに強力な抗酸化作用があり、ガンを抑える作用があると言われます。

 

効果・効能

ガン予防/免疫力アップ/むくみ改善/生活習慣病予防/便秘解消/美肌/認知症予防

 

明日葉の青汁の中年男性への効果

 

 

糖尿病の予防や改善に期待するなら桑の葉

 

青汁の代表的な原料桑の葉

葉だけでなく実や根、枝まで古くからお茶や漢方薬としても利用されています。

 

血糖値抑制効果のある1-デオキシノジリマイシンを含むため、糖尿病の予防や改善に高い効果が期待されます。


効果・効能

代謝促進/コレステロール値の正常化/生活習慣病予防/メタボ対策・ダイエット/二日酔い予防/便秘解消/整腸作用/美肌/記憶力を高める/精神安定

 

桑の葉の青汁の中年男性への効果

 

 

青汁のその他の原料

 

胃潰瘍・胃炎を予防に期待がもてるクマザサ

 

クマザサ

イネ科ササ属の植物で、北は北海道から南は鹿児島県まで、ほとんど日本全国に自生し、古くから万能薬として使われてきました。

 

葉には殺菌作用があるため、昔からお寿司の下に敷いたり、ちまきやだんごなどを包んだりして使われています。

 

また、優れた抗菌作用や防腐作用があり、胃の病気の原因となるピロリ菌の発生や増殖を抑制します。

 

効果

コレステロール値の正常化/整腸作用/便秘解消/血圧の抑制/胃潰瘍・胃炎予防/貧血予防/動脈硬化を予防/ニキビ予防/口臭・体臭予防/免疫力アップ/ガン予防

 

クマザサの青汁の中年男性への効果

 

 

高いデトックス効果のあるクロレラ

 

クロレラ

クロレラ科クロレラ属の緑藻類(りょくそうるい)の一種で、海藻の一種です。

 

クロロフィル(葉緑素)を含み、コレステロール値を抑制したり、貧血を改善したりといった健康効果が期待されます。

 

特に、デトックス(解毒・毒素排出)効果が高いことで有名です。

 

効果

デトックス/ダイエット/貧血予防/生活習慣病予防/口臭・体臭予防/コレステロール値の正常化/免疫力アップ/白内障予防/アンチエイジング/美肌

 

クロレラの青汁の効果・効能と含まれる成分とその働き

 

 

長命草(ボタンボウフウ)

 

長命草(ボタンボウフウ)

長命草は、沖縄県の与那国島など温暖な地域の海岸沿いに自生するセリ科の植物です。

 

葉がボタンに似ているので和名をボタンボウフウと言います。

 

ルチンやクロロゲン酸などのポリフェノールを豊富に含むのが特徴です。

 

効果

ダイエット/コレステロール値の正常化/血圧の抑制/動脈硬化を予防/糖尿病予防/ガン予防/冷え症・むくみ改善/美肌

 

長命草の青汁の中年男性への効果

 

 

 

ほうれん草を原料にした青汁を作るのは危険

 

市販の青汁でほうれん草をメインとした商品は無いようで、自分で青汁を作る場合も避けたほうがよいです。

 

生のほうれん草にはシュウ酸という成分が多く含まれていて、それが尿路結石の原因になることがあるためです。

 

通常シュウ酸は腸内でカルシウムと結合し、便として排出されますが、体内のシュウ酸の量が多いと尿の中に排出されカルシウムと結合し結石となります。

 

結石は3大激痛と言われることもあり、「七転八倒の苦しみ」などと言われます。

 

では、ほうれん草を食べる事も避けたほうがよいのかというとそうではありません。

 

茹でることでシュウ酸を半分以下に減らすことができるので心配いりません。