青汁の栄養素が中年世代のコレステロールを下げる

 

青汁は動脈硬化を引き起こすコレステロールを下げる

 

健康診断の血液検査で、コレステロール値が高かった中年の方はいませんか?

 

青汁には、食物繊維や葉緑素(クロロフィル)、ビタミン類などのコレステロール値を下げる効果が期待される成分が多く含まれ、コレステロール値が気になりだした中年の方には最適な健康食品です。

 

コレステロールは、私たち動物の体内に存在する脂肪のひとつで、生きていくためには不可欠な栄養素です。

 

1日に必要なコレステロールの約80%が体内(肝臓)で作られ、残りの約20%を食事から摂取します。

 

コレステロールは、食事からの量が少ないと肝臓で多く作られ、多いと肝臓で作る量は減少します。

 

体内で上手にバランスをとってくれるので、食事による摂取量は血中コレステロール値には影響しません。

 

コレステロールには、善玉コレステロール(HDLコレステロール)と悪玉コレステロール(LDLコレステロール)があり、2つのバランスが大事であり、バランスが崩れてしまうと血中コレステロール値が高くなってしまい、放っておけば脂質異常症や動脈硬化を引き起こします。

 

バランスが崩れる原因はいくつかあり、食べすぎや肥満、ストレスや喫煙、お酒の飲みすぎなどで悪玉コレステロールの値が高くなります。

 

厚生労働省は2015年、食事摂取基準からコレステロール値の上限値を撤廃しました。
ただし悪玉コレステロール値が高い人は、引き続き摂取制限を推奨しています。

 

コレステロール値を下げる青汁の成分

 

青汁

青汁には、食物繊維、葉緑素(クロロフィル)、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群などのコレステロール値を下げる効果が期待される成分が豊富に含まれます。
食物繊維

体内で作られるコレステロールを減らすことはできませんが、食事から摂取するコレステロールを減らします。

 

なぜなら、食物繊維は腸内で消化されず、自らにコレステロールなどを付着させ、便として排出されるからです。

 

葉緑素(クロロフィル)

コレステロール値を下げ、動脈硬化の予防効果もあります。

 

ビタミンC

コレステロールを胆汁酸へと変化させ、体外に排出しコレステロールを体内に溜まらないようにします。

 

ビタミンE・ビタミンB群

活性酸素の影響を受け、過酸化脂質に変化したコレステロールは血管の壁に付着して、動脈硬化の原因となります。

 

ビタミンEやビタミンB群は過酸化脂質を分解して動脈硬化を予防する働きがあります。

 

コレステロールとは

 

総コレステロール

血液中に含まれる善玉コレステロールと悪玉コレステロールの総量です。

 

善玉コレステロール

血管内に過剰に蓄積されたコレステロールを回収し、肝臓まで運んで動脈硬化を予防します。

 

悪玉コレステロール

体内に必要なコレステロールを血流に乗せて運んでいますが、過剰に運んでしまうと血管内壁にへばりつき動脈硬化を進行させます。

 

コレステロールの役割

 

細胞膜の成分

人の体は細胞からできていて、細胞は細胞膜に覆われています。

 

細胞膜は細胞内への有害物質の侵入を防いで、細胞内の物質が外に出てしまうのを防ぎます。

 

コレステロールは細胞膜を構成している成分で、不足すると免疫力が低下します。

 

ホルモンの原材料

コレステロールは副腎で作られる副腎皮質ホルモンやアンドロゲン、エストロゲンなどの性ホルモンの原材料になります。

 

胆汁酸の原材料

コレステロールは脂肪の消化・吸収を助ける働きのある胆汁酸の原材料になります。

 

コレステロールの基準値

 

総コレステロール値

 

240mg/dl以上が治療域

 

悪玉コレステロール値

 

140mg/dl以上が治療域

 

善玉コレステロール値

 

40mg/dl未満が治療域