口臭で悩む中年の方には青汁がオススメ!

 

青汁は中年の口臭を予防・改善する!

 

多くの中年の方が悩んでいる口臭は、青汁で予防・改善ができます。

 

口臭の原因は、口腔内トラブルが大半で、残りは胃や腸の不調が考えられますが、青汁に含まれるクロロフィル(葉緑素)と豊富な食物繊維は、口臭対策にとても効き目があるのです。

 

最近、職場で話をしていると相手に嫌な顔をされたりした事はありませんか?

 

それ、気づかないうちにスメルハラスメントをしてしまっています。

 

スメルハラスメントとは「臭い」によって相手を不快にさせてしまう行為の事、自分の口臭に気づいたなら、口臭予防スプレーなど一時しのぎな対策をとるよりも、青汁で口臭を元から断ちましょう!

 

口臭を予防・改善する青汁の二大成分

 

青汁に含まれるクロロフィル(葉緑素)と食物繊維の効能は、中年の口臭を予防・改善します。

 

クロロフィル(葉緑素)

クロロフィル(葉緑素)の消臭作用は胃腸の中で作られる臭いを分解し、消炎作用は歯周病などの口内の炎症や、胃や腸の炎症を抑え、口臭を元から断ちます。

 

口臭予防のためのガムやタブレットに含まれる成分として有名です。

 

食物繊維

食物繊維が腸内環境を良くする

便秘が原因で口臭がきつくなることがあります。

 

腸に溜まった便がガスを発生させてしまい、口臭の原因になるのです。

 

食物繊維は便秘を改善し、腸内環境を良くして口臭を予防・改善します。


口臭はなぜおきる?

 

口臭の原因は、口腔内トラブルが大半で、残りは胃や腸の不調が考えられます。

 

口腔内トラブルでの口臭の主な原因は、口の中にいる細菌がタンパク質やアミノ酸を分解して作られる揮発性硫黄化合物(VSC: Volatile Sulfur Compounds)という物質です。

 

胃炎や胃潰瘍といった胃の病気や、便秘で老廃物が溜まるなどの腸内環境の悪化も口臭の原因となります。

 

手軽にクロロフィルと食物繊維を摂るには青汁がおすすめ!

 

中年の口臭を予防・改善してくれる、クロロフィル(葉緑素)、食物繊維は野菜や海藻類などに多く含まれます。

 

ですが、毎日食事から摂ろうとすると、食材選びや、メニューを考えたり、クロロフィル(葉緑素)は※調理にも気をつけなければならず、とても面倒です。

 

そんな面倒なことはしてられない!とおっしゃる方には、水に溶かしてコップ一杯分飲むだけでクロロフィル(葉緑素)と食物繊維が摂れる青汁をおすすめします。

 

※クロロフィルは茹ですぎてしまうと、お湯に溶けだしてしまいますし、吸収しやすくするには細かくしないといけません。