青汁が苦手な人に教える!美味しく飲む方法

 

苦手な青汁を美味しく飲むには

 

むかしは「まずい」「飲みにくい」と言われていましたが、最近では企業努力のおかげで美味しく飲める青汁が増え、子供でも飲めるようになりました。

 

しかし、青汁特有の青臭さや苦味が全くないわけではないので「青汁は苦手」と言う中年男性も多いようです。

 

青汁は青臭さや苦味が多少あるからといって何もしないで飲まないのは、豊富な栄養素を効率よく手軽に摂れ健康や美容にも良いのにもったいないですね。

 

安心してください方法はあります。

 

他のものと混ぜて味を変えて美味しく飲めば良いのです。

 

いくら健康や美容に良い青汁でも、口に合わなくて毎日飲み続けらなければ意味がありませんから。

 

ただし、混ぜるものによっては糖分には注意してください。

 

青汁をおいしく飲む方法

 

牛乳と混ぜる

 

青汁と牛乳は相性が良く、青汁特有の青臭さや苦味を抑え抹茶ミルクに近い味になり、とても飲みやすくなります。

 

また青汁に含まれる野菜の栄養素に、牛乳に含まれるタンパク質やカルシウムなどが加わり栄養豊富な飲み物になります。

 

ハチミツを加えるとさらに飲みやすくなり、お子さんにもおすすめの飲み方です。

 

 

豆乳と混ぜる

 

豆乳のまろやかさが青汁の苦味を和らげ飲みやすくしてくれます。

 

それでも飲みにくい場合は、きな粉やゴマを加えると飲みやすく美容効果も高くなります。

 

豆乳には植物性タンパク質をはじめ各種ビタミン、葉酸、鉄分などの栄養素が含まれるため、青汁に含まれる栄養素と共に生活習慣病をはじめとした病気の予防にも効果が期待されます。

 

また、牛乳と混ぜて飲むのに比べカロリーが低く抑えらるのでダイエット中の中年男性にはおすすめです。

 

 

ヨーグルトと混ぜる

 

青汁とヨーグルトを混ぜる

意外な美味しさで人気があるのがヨーグルトとの組み合わせです。

 

また栄養面でもカルシウムやタンパク質が加わり栄養豊富です。

 

ヨーグルトの酸味とまろやかな風味が、青汁の苦味や青臭さを和らげ、飲み物というよりはデザート感覚で美味しくいただくことができます。

 

プレーンのヨーグルトよりは、イチゴ味などのほうがより飲みやすくなります。

 

 

野菜ジュースと混ぜる

 

色味が美味しそうに見えなくなる可能性はありますが、口当たりはスッキリとして青汁の苦味や青臭さは和らいで飲みやすくなります。

 

野菜に野菜ですが、青汁に含まれていない野菜の栄養分を摂取することができるメリットもあります。

 

ただし、野菜ジュースを混ぜる際にはニンジンを含まないものにしてください。

 

ニンジンの中には、青汁に含まれるビタミンを壊す酵素が含まれているため青汁の効果が軽減されてしまいます。

 

 

フルーツジュースと混ぜる

 

フルーツの甘さと酸味が青汁をとても飲みやすくしてくれます。

 

青汁と相性のよいフルーツは多く、自分の好みの味を探せますし、飲み飽きないようにフルーツを変えてみるなんてことも可能です。

 

特に柑橘系のフルーツや、リンゴ、パイナップルは美味しくいただけます。

 

 

 

青臭さや苦味が気になる中年男性は

 

青汁の青臭さや苦味を和らげるには、甘味をプラスするのがおすすめです。

 

とは言え、毎日飲むものに砂糖を入れてばかりでは太ってしまいます。

 

青汁に加える甘味料は栄養価が高く砂糖よりカロリーの低い、ハチミツ、メープルシロップ、黒蜜がおすすめです。

 

また、オリゴ糖は砂糖よりカロリーが低く血糖値の上昇を抑制する効果があります。