お酒が大好きな中年に朗報!飲む前と後の青汁が二日酔いを予防・解消する

 

二日酔い予防にはお酒を飲む前の青汁がオススメ

 

お酒が大好きな中年

ついついお酒を飲み過ぎることが多い40代・50代の中年男性には、青汁がオススメです。

 

お酒を飲む前に青汁を飲むことで、辛い二日酔いの予防になります。

 

なぜなら青汁にはビタミン類が豊富に含まれているためです。

 

アルコールは肝臓で分解されますが、その際にビタミンが大量に消費されてしまうため青汁でしっかり補給しておくとよいのです。

 

更に二日酔いの原因アセトアルデヒドの分解を高めてくれるビタミンCが豊富に含まれています。


アセトアルデヒドとはアルコールが分解される時に肝臓で作られる毒性の強い成分です

 

二日酔いの予防には特にケールがオススメです

 

青汁には二日酔い予防を予防するビタミンC、ビタミンB群、ナイアシンが含まれます。

 

さらにケールを原料とした青汁には、ビタミンU、スルファラファンなどの成分も含まれ、アルコール代謝を促進し、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを分解する働きがあるのでオススメです。

 

ビタミンC

肝機能を高め、アルコール、アセトアルデヒドの分解を助けます。

 

ビタミンB群

ビタミンCと同じく肝機能を高めます。

 

特にビタミンB1はアルコールを分解する際に大量に消費されます。

 

ナイアシン(ビタミンB3)

アセトアルデヒドを分解し、二日酔いを防いでくれます。

 

そのため不足するとアセトアルデヒドの分解が追いつかなくなり、二日酔いをしやすくなります。

 

ビタミンU

ケールを原料とした青汁に含まれ、胃腸薬にも使われている成分で、別名キャベジンとも呼ばれ、胃粘膜の修復や胃潰瘍の防止などの効果があり胃腸を健康に保ちます。

 

また、肝臓内の余分な脂肪を代謝し肝機能を高めます。

 

スルファラファン

ケールを原料とした青汁に含まれ、肝機能を高めて、アセトアルデヒドの分解能力を向上し二日酔いを予防します。

 

飲み過ぎた後の辛い二日酔いは青汁で改善

 

つい調子にのって飲み過ぎて、頭痛や吐き気がしたりする二日酔い。

 

青汁は予防だけでなく、そんな辛い二日酔いの改善にもオススメです。

 

なぜなら、青汁を飲むことで、水分を補給でき脱水症状を改善させます。

 

さらに、ビタミンC、ナイアシンを含んでいるため、体内に残っているアセトアルデヒドの分解を促進します。

 

青汁は失われた水分とビタミン類をすみやかに補給してくれ、二日酔いの不快な症状を改善してくれます。

 

二日酔いの原因を簡単に説明

 

代表的な二日酔いの症状に、吐き気、頭痛の二つがあります。

 

吐き気の原因は脱水症状によるもの、アセトアルデヒドによるものなどがあります。

 

頭痛を引き起こしているいるのはアセトアルデヒドが原因です。

 

お酒の飲み過ぎは、アルコールの利尿作用によって血液中の水分が減り、脱水症状をおこして吐き気を引き起こすことがあります。

 

そして、肝臓でアルコールが分解される時に作られるアセトアルデヒドは毒性が強く、分解が追いつかず体内に残ると吐き気や頭痛を引き起こしてしまいます。

 

原因がわかると、青汁が二日酔いの改善によいことがおわかりになるのではないでしょうか。