青汁の歴史を簡単に解説

 

青汁は千年もの歴史がある健康食品

 

青汁とは、生の緑葉野菜のしぼり汁のことを言い、ビタミンやミネラル食物繊維を豊富に含み、体内への吸収率が生野菜よりも良いと言われる大変人気の高い健康食品です。

 

 

青汁の始まり

 

青汁の歴史はかなり古く千年もの歴史があり、庶民から貴族まで身分を問わず健康飲料として飲まれていました。

 

日本に現存する最古の医学書「医心法」にも、野菜の搾り汁の記載があるそうです。

 

 

青汁の普及

 

青汁の普及が始まったのは、第二次世界大戦中の食糧難の時代。

 

栄養不足を解消するため、岡山県倉敷市の医学博士の遠藤仁朗先生が、それまで捨てられていた葉を食べていたら、体の調子が良くなったため、葉緑の栄養に注目し、身近にあった野菜の葉や野草の搾り汁を飲むようになりました。

 

ケールの青汁

ちなみにこの搾り汁を「青汁」と名付けたのは遠藤博士の奥様です。

 

遠藤博士は医師のかたわら青汁の研究を進めた結果、栄養価が高く一年中栽培が可能なケールにたどり着き、ケールの青汁が作られるようになりました。

 

 

青汁ブームの始まり

 

しかし、青汁は味のまずさ青臭さなどから、敬遠されがちで九州の一部の地域でしか飲まれていませんでした。

 

それが1990年代になると、全国区のバラエティー番組「笑っていいとも」の罰ゲームで使用され、まずいけれど健康に良い飲み物ということで全国的に知名度が上がりました。

 

そして強面の八名信夫さんという俳優が、青汁を飲んで「まずい!もう一杯!」と言う、インパクトのあるコマーシャルが全国で放送されるようになると、青汁ブームが始まりました。

 

 

現在の青汁

 

青汁の健康効果が証明されていく一方で、問題は青汁特有の青臭さや苦味でしたが、現在では各メーカー、原料をケールではなく大麦若葉、明日葉、桑の葉にしたり、抹茶とブレンドしたりして飲みやすく改良した商品が発売されています。

 

また、形状(タイプ)も粉末タイプ、粒状タイプ、冷凍タイプ、フリーズドライタイプ、新しいものではジェル・ゼリータイプのものがあり、あなたの生活スタイルにあったものが選べるほど商品が充実しています。

 

青汁の形状(タイプ)の種類と特徴