健康・美容に良い青汁の素晴らしい効果

 

青汁は野菜不足を解消し様々な効果・効能を体感させてくれる

 

偏った食生活の中年男性

40代に差し掛かると中年太りや老眼、白髪・薄毛など身体の不調や変化が少なからず現れ始める年代です。

 

仕事では役職が付き、ストレスも多く忙しい中年男性の方の食生活は、インスタント食品やジャンクフードなどが多く、野菜が不足しています。

 

栄養豊富な青汁を飲むことで、野菜不足を解消し、さまざまな効果を体感できます。

 

50代以降、健康な生活を送れるかどうかは40代での健康への意識、生活習慣の改善が重要とも言えます。

 

青汁に含まれる成分がもたらす効果・効能

 

生活習慣病

 

生活習慣病の予防・改善で最も大事なのは食生活の改善で、必要な栄養素を毎日きちんと摂ることです。

 

青汁は野菜不足を解消し、生活習慣病の予防・改善をします。

 

カロテン(ビタミンA)ビタミンCビタミンE

 

優れた抗酸化作用があり、活性酸素を抑制し管の健康を保ち、血液をサラサラにして動脈硬化を予防して、ガン、心筋梗塞、脳卒中を予防します。

 

 

ビタミンB2

 

血液をきれいにして動脈硬化を予防します。

 

 

ビタミンK

 

骨を構成するタンパク質の合成に、深くかかわっていて骨粗鬆症を予防します。

 

 

食物繊維

 

カロリーの過剰摂取を抑え肥満を予防し、腸をきれいにして発ガン物質を排出するため大腸ガンを予防し、血圧や血糖値を抑制して高血圧、糖尿病を予防します。

 

 

代表的な生活習慣病

 

糖尿病、高血圧性疾患、脂質異常症(高脂血症)、心疾患、ガン、脳血管疾患、痛風、メタボリックシンドローム、肥満、骨粗鬆症、歯周病

 

青汁の効果・効能が中年男性の生活習慣病を予防・改善!

 

 

便秘解消

 

男性の便秘の大きな原因は、偏った食生活、ストレス、運動不足です。

 

青汁には食物繊維が豊富に含まれているほか、抗ストレス作用のあるビタミンCやストレス軽減効果のあるカロテン(ビタミンA)が含まれているため、便秘解消の効果が期待されます。

 

とくに、豊富に含まれている食物繊維が、胃や腸で水分を吸収し何倍〜何十倍にもふくらみ、便の量が増え軟らかくなって、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、排便をスムーズにします。

 

便秘で苦しむ中年男性に!青汁の素晴らしい効果・効能

 

 

ダイエット

 

ぽっこりお腹の中年男性

中年男性の多くが悩んでいるぽっこりお腹、

 

職場の女性の視線も冷たくなんとかしたいですよね。

 

ダイエットで大事なのは食事管理で、

 

その基本は栄養バランスの良い食事をとることです。

 

青汁は豊富な栄養素をバランスよく含みます。

 

青汁に含まれるミネラルやビタミン、食物繊維などには、

 

体質改善・免疫力向上・血液サラサラ効果・ガン予防などの副産物的効果が期待でき、

 

健康的にダイエットを実践できます。

 

青汁のダイエット効果がぽっこりお腹の中年男性を変える

 

 

美容

 

体臭(加齢臭)や口臭、肌質(シミ、シワ)などが気になりだし、美容に感心をもちはじめる中年男性が増えているそうです。

 

青汁にはクロロフィル(葉緑素)、カロテン(ビタミンA)、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビオチン(ビタミンH)、食物繊維などといった多くの美容成分が含まれます。

 

クロロフィル(葉緑素)

 

植物や藻類に含まれる緑色の色素クロロフィル(葉緑素)は、抗菌・消臭作用で口臭・体臭を抑え、消炎作用で歯周病や胃炎をいやし、においのもとを絶つ効果があります。

 

口臭、体臭をなくす薬の多くがクロロフィル(葉緑素)を材料としています。

 

青汁は、このクロロフィル(葉緑素)を最も効率よく大量にとれます。

 

 

ビタミンC

 

ビタミンの代表格のビタミンCはコラーゲンの生成を促し、みずみずしいハリのある肌を取り戻してくれます。

 

 

ビタミンE

 

ビタミンEには抗酸化作用があり、活性酸素による肌の老化を防ぎ、血行促進を促すことで血色の良い若々しいハリツヤ肌にしてくれます。

 

 

カロテン(ビタミンA)

 

カロテン(ビタミンA)は肌の免疫力・抵抗力を高くし、肌を健康な状態に保ちます。

 

 

ビタミンB群

 

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、パンテトン酸、葉酸、ナイアシン、ビオチンをまとめてビタミンB群と呼びます。

 

体内の代謝をよくする働きがあり、大人ニキビや肌荒れを防ぐ効果があります。

 

 

ビオチン(ビタミンH)

 

水溶性ビタミンの一種ビオチン(ビタミンH)は炭水化物やたんぱく質、脂質の代謝をよくし髪の毛をすこやかに保ちます。

 

 

食物繊維

 

便秘を解消し腸内環境を改善してくれます。

 

便秘を改善することでの副産物的効果で大人ニキビ等ができにくなり、肌のトラブルが起きにくくなります。

 

青汁の効果はその他にも免疫力アップ、不眠症、ストレス軽減、むくみ改善、目の病気、毒素排出など多岐にわたります。

 

美容に感心を持つ中年男性にすすめる青汁の効果・効能

 

 

青汁の多岐にわたる健康効果

 

免疫力アップ

 

青汁のカロテン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンE、亜鉛が免疫力アップに作用します。

 

免疫力とは、白血球の中にある免疫細胞で成り立ち、外部から侵入たウィルスや、体の中から生まれているガン細胞から守ってくれる力のことです。

 

体の中の免疫力が低下すると、免疫細胞が力を発揮できなくなって、風邪をひきやすくなったりアレルギー症状などが生じやすくなったりします。

 

免疫細胞の6〜7割は腸内に存在しているので、青汁に豊富に含まれる食物繊維が腸内環境を整え、免疫細胞を活性化させ免疫力をアップする効果があります。

 

 

不眠症

 

不眠症の効果を期待するならケールを原料とした青汁がおすすめです。

 

なぜならケールには、トマトの15倍、バナナの16倍ものメラトニンが含まれていて、メラトニンは睡眠のリズムを正常に整える効果があるためです。

 

 

むくみ改善

 

中年男性の身体はむくみやすい体質になっている可能性があります。

 

むくみの原因は塩分の摂り過ぎや水分や栄養の不足です。

 

青汁には豊富にカリウムが含まれています。

 

カリウムには利尿作用があり、細胞内に溜まった余計な水分を排出しむくみを改善します。

 

ただし、腎臓の機能が弱っている人は青汁を飲むと、高カリウム血症を引き起こす可能性があるため、必ず医師に相談してください。

 

 

目の病気

 

青汁に含まれるビタミンB2は眼精疲労に効果があり、βカロテンが網膜や目の粘膜を健康に保ち、ビタミンCやビタミンB群、ビタミンEが目の症状の改善や予防に効果があります。

 

 

毒素排出

 

農薬やダイオキシンなどの環境ホルモンは、一度体内に入ってしまうとなかなか排泄されず、体の機能に悪い影響がもたらされてしまいます。

 

青汁のクロロフィル(葉緑素)と食物繊維が腸内でダイオキシンなどの有害物質を吸着し、便として排泄してくれる効果があります。

 

さらに原料にケールを使用している青汁にはイソチオシアネートが含まれていて、人間の体の中に入ってきた発ガン物質を尿といっしょに体外に排出させる効果があります。