ストレス解消が期待される青汁の成分

 

青汁がストレスを軽減してくれる

 

現代を生きている私たちは、多かれ少なかれストレスを受けて生きています。

 

40代・50代の中年の方は特に、会社での立場も変わる頃で、人づきあいや仕事上のストレスを感じている方が多いようです。

 

人間の体はストレスを受けると抗ストレスホルモン(コルチゾール)が分泌されますが、青汁には抗ストレスホルモンを合成する際に不可欠な成分が含まれストレスを軽減します。

 

また、ストレス緩和効果のあるビタミンB群やミネラルも青汁には含まれています。

 

日頃から、ストレスを溜め込まないことが大事ですが、ストレスに抵抗できる体づくりのために、栄養をバランスよく摂取できる青汁がおすすめです。

 

ストレス緩和に役立つ青汁の成分

ビタミンC

ストレスに対抗するための抗ストレスホルモンが副腎で合成される際に不可欠な成分です。

 

そのほか自立神経の乱れを整えるという働きもあります。

 

パントテン酸

ビタミンB群の一種でビタミンB5とも呼ばれます。

 

ビタミンCと同じく抗ストレスホルモンが合成される際に不可欠な成分です。

 

マグネシウム

神経の興奮を抑えストレスを減らす効果があります。

 

青汁でストレスに強い体作りを

 

厚生労働省は2015年12月より、労働者が50人以上いる事業所を対象に、毎年1回ストレスチェックと面接指導を実施することを義務付けました。

 

これは、働く人が自分のストレス状態を把握することで、ストレスが高い場合は医師に診てもらったり、会社側は職場環境を改善するなどして、うつ病などを未然に防ぐ取り組みです。
ストレスを日頃から溜め込まないようにするため、自分なりの解消方法を見つけておくことが大切です。

 

カラオケに行ったり、スポーツで汗を流したりと、その方法は人それぞれです。

 

また、ストレスに強い体作りに役立つのが青汁で、その効果・効能は多岐に渡ります。

 

青汁には、抗酸化作用のあるビタミン類が豊富に含まれ自律神経の乱れを整えてくれますし、パントテン酸やマグネシウムにはストレス緩和効果があります。

 

それだけでなく、野菜不足を補ってくれる豊富な栄養素を含み、食習慣を改善し体を健康にしてくれます。

 

ストレスを放っておくと危険です

 

ストレスは溜め込まない

現代を生きていくには、ストレスは避けて通れません。

 

避けて通れないなら、上手に付き合っていくしかありません。

 

皆さん運動や好きなことに没頭することで、上手に解消しているようです。

 

そんなストレスですが、強いストレスを受け続けたりすると、体調だけでなく感情にも不調をきたしてしまいます。

 

代表的な症状には頭痛や胃痛があり、副腎皮質ホルモンの乱れや自律神経系の乱れが主な原因です。

 

また、イライラしやすくなり対人関係に支障をきたす事さえあります。

 

そんなストレスですが、一番危険なのはうつ病になってしまうことです。

 

うつ病になってしまうと、社会生活に支障をきたしてしまうため、きちんと治療をしなければいけません。