青汁の形状(タイプ)の種類と特徴

 

飲みやすく続けやすいものを選ぶことが大事

 

あなたの生活スタイルにあった青汁を

青汁は原料だけでなく形状もさまざまな種類があります。

 

現在の主流は粉末タイプのものですが、他にも粒状タイプ、冷凍タイプ、フリーズドライタイプ、新しいものではゼリータイプのものが存在し、それぞれ特徴があります。

 

青汁は毎日飲むものなので、あなたの生活スタイルに合わせ、飲みやすく続けやすいものを選ぶことが大事です。

 

青汁の形状(タイプ)の種類

粉末タイプの青汁

 

粉末タイプは、長期保存も可能で、1回ずつに分けられ持ち運びも便利なため現在の主流です。

 

水に溶かして飲みますが、飲みにくい方は牛乳や豆乳などで飲まれていられるようです。

 

飲みやすく工夫されている製品が多いです。

 

粒状タイプの青汁

 

粒状タイプは、青汁を固めて錠剤にしたものです。

 

味を感じないで飲めるので、青汁の青臭さや苦味が気になる方でも効率よく野菜の栄養素を摂取できます。

 

冷凍タイプの青汁

 

絞りたての青汁をそのまま瞬間冷凍しています。

 

飲む時に解凍しなくてはいけないので、使いやすさでは粉末、粒状と比べ劣ります。

 

苦味や青臭さがあるので少し飲みづらいかもしれません。

 

フリーズドライタイプの青汁

 

急速冷凍した青汁を真空状態で乾燥させたもので、インスタント食品のスープなどと同じく水やお湯で液体に戻して飲むタイプです。

 

熱処理をしないため、製造過程で栄養価が損なわれることがありません。

 

ただ製造に手間がかかることから値段が少し高めになってしまう傾向のようです。

 

ゼリータイプの青汁

 

最近ではゼリータイプの青汁も発売されています。

 

水などで溶かす必要もなく、飲むというより食べる青汁です。

 

青汁の形状〈タイプ〉別メリット・デメリット

 

粉末タイプ
メリット
  • 保管しやすい
  • 携帯性に優れている
  • 牛乳などにも溶かして飲みやすい
  • 料理などにも使いやすい
デメリット
  • 製造過程で栄養価が失われることがある
  • 商品によっては青臭さや苦味が残っている
  • 水で溶かして作らなければいけない
粒状タイプ
メリット
  • 保管しやすい
  • 携帯性に優れている
  • 水に溶かして作ることをしなくてよい
  • 味を気にすることなく飲める
デメリット
  • 製造過程で栄養価が失われることがある
冷凍タイプ
メリット
  • 栄養価が高い
  • 鮮度が良い
デメリット
  • 季節により味が少し変わることがある
  • 青臭さや苦味がある商品が多い
  • 飲むまでに解凍しなければいけない
  • 保存場所が冷蔵庫に限られ場所をとってしまう
フリーズドライタイプ
メリット
  • 保管しやすい
  • 携帯性に優れている
  • 牛乳などにも溶かして飲みやすい
  • 製造過程で栄養素が壊れにくい
  • 長期保存ができる
デメリット
  • 値段が少し高め
ゼリータイプ
メリット
  • 携帯性に優れている
  • 作らなくてよくそのまま食べられる
  • 果汁などを混ぜて青汁のクセを消しているものが多い
デメリット
  • 甘味料などの添加物が入っている製品が多い